目覚めの悪さを改善する方法はある?おすすめの目覚まし方法やアラーム音楽とは?

目覚めの悪さを改善する方法はある?おすすめの目覚まし方法やアラーム音楽とは?
れな

こんにちは!「ぐっすりねむり隊」のレナです。
皆さんは「好きなだけ眠り続けたい…」と考えたことはありませんか?
特に、目覚ましのアラーム音が鳴った瞬間は不快そのものですよね。せっかくの1日をもっと気持ち良くスタートするために、おすすめの目覚まし方法やアイテムがないか調べてみました!

もくじ

目覚めの悪さを改善する方法はある?おすすめの目覚まし方法やアラーム音楽とは?

1.気持ち良く目覚めるための目覚ましの選び方は?

1日を健康的で充実したものにするために、良い目覚めは重要な要素です。

スッキリと起きられた日は、なんだか身体も軽く気分も晴れやか。逆に、寝つきが悪かったり夜中に目覚めてしまったり、悪い夢を見てしまったり、眠ったつもりなのに身体が重いなど、お布団から出るのが辛い日が多くあります。

また、子どもの頃から目覚めが良い・悪いというタイプの方や、持病や体質の問題もあるかもしれません。それでも、毎日必ず訪れる目覚めだからこそ、少しでもポジティブに迎える工夫をしたいもの。

最近は目覚まし時計を使う人は減り、スマートフォンにあらかじめセットしてあるアラーム音や音楽アプリ、スマートウォッチの振動、またはアイディア目覚ましなどのアイテムが充実しています。好みや生活スタイルに合わせて、最適な目覚め環境を見つけてみてくださいね。

2.目覚ましやアラームの音に着目

朝の訪れを知らせてくれるスタンダードな方法が、目覚ましのアラーム音です。

好きなアーティストの楽曲やお気に入りの音楽をアラーム音にしている方も多いと思いますが、「アラーム音に設定したことでその楽曲を聴くのが嫌になってしまった」という声も。アラーム音は、一般的には心地よく目覚めることができる穏やかで優しい音や音楽がおすすめです。

楽曲や音楽など色々試してみたい方におすすめなのは、スマホで簡単に再生ができるサブスクの音楽サービスです。
特にオススメなのが、私も使っているです。

人気や流行りの楽曲をはじめとする1億曲以上もの曲を聴けるのはもちろん、さまざまな方がオリジナルでお気に入りの曲で作成した「プレイリスト」も公開されています。

2-1.おすすめのアラーム:自然の音を取り入れた音

静かで穏やかな目覚めをサポートしてくれるのが自然の環境音です。例えば、鳥のさえずりはリラックスした気分で目覚めるのに適しています。また、海や波の音はリラックス効果があり、穏やかな目覚めをサポートしてくれそうです。

ほかにも、森の中の小川や葉っぱのさらさらとした音など、大自然に抱かれるようなアラーム音は、静かでありながらも爽やかで気持ちよい目覚めで多くの方に人気です。ただし「あまりに静かすぎてなかなか起きられなかった」という方や「波の音にしていたら溺れる夢をみてしまった」という方も。

ちなみに私は、雨の音に設定していたら「洗濯物を取り込まなくては!」と飛び起きてしまい、焚き木の音にした日には「火事だ」!と飛び起きてしまいました。ハッと目が覚めましたが、理想の目覚めとは言えませんでした。

自然の音は身近だからこそ、心地良いと感じるかどうかは人それぞれなのかもしれませんね。

2-2.おすすめのアラーム:ピアノやクラシック音楽

優雅な目覚めを求める方は、優しいピアノ音楽がおすすめです。特に、バッハやモーツァルトなどのクラシック音楽は穏やかなリズムと調和が特徴で、ストレスの少ない目覚めが迎えられます。

曲は、序盤は静かにゆったりと進行する楽曲を選び、適度な音量で設定することが大切。1曲が長いものを選べば、そのままクラシック音楽に包まれて朝の準備に移行できます。いつもより高貴な1日のスタートが演出できそうですね。

2-3.おすすめのアラーム:人の声や鈴の音

目覚ましやアラーム音の代わりに、朝の番組やラジオなどで起きるという方もいます。設定時間になると自動で電源が入る仕組みを利用したモノで、お使いのテレビやラジオ、アプリなどに備わった機能を活用しています。

にぎやかな朝の情報番組で楽しく目覚めたり、世界情勢や新着ニュースを聞くことでスイッチが入る方におすすめの方法と言えますね。あえて日本語でない言語の番組を選ぶのも良い方法のひとつです。

また、チリンチリンといった軽快な鈴の音も、脳を呼び起こすのに効果的なアラーム音です。激しい鈴音は驚いてしまいNGですが、優しく続く鈴の音色は、まるで誰かに呼ばれたかのように目を覚まさせてくれそうです。

アラーム音は個人の好みによるものなので、何種類か試してみて、自分に合ったものを見つけると良いでしょう。先ほどご紹介した、なら、「波の音」や「海の音」などを集めたプレイリストも存在していますよ! 初めて登録される方には、最初の1ヶ月無料キャンペーンも開催されていますので、まずはお試しに契約してみてはいかがでしょうか。

そして、音以外にも気持ちよく目覚める方法がまだまだあります。

3.目覚ましやアラームの音ではない目覚め方も

たとえどんなに心地よい音や好きな音楽であっても、やはり、アラーム音自体に不快感を覚えてしまう方も多いと思います。また、心地よい音楽ではどうしても起きられない方におすすめなのが、音以外の方法で起こしてくれる目覚ましです。

正当なものからちょっと変わったアイディア満載のアイテムまで、眠りや目覚めに悩みを持つ方が多いのがよくわかるラインナップです。

3-1.おすすめの目覚まし方法:振動

家族と一緒に寝ている方や周りへの配慮が必要な場面では、アラーム音を鳴らすことができません。また、聴覚に不安がある方にもおすすめなのが、振動による目覚ましです。

\ こちらから購入いただけます! /

振動目覚まし時計は、身体に密着させるものや枕の下に入れたりして使うものがあり、自分だけに伝わる振動で目を覚すことができる優れもの。アプリ連動やアラーム音を鳴らせるものなど多岐にわたっています。

3-2.おすすめの目覚まし方法:光

本来、私たちの体は暗くなったら眠くなり、明るくなれば目覚めるという体内時計が備わっています。そのため、朝の太陽光を浴びることが一番自然な目覚めとも言えます。

とは言え、カーテンを開けっぱなしにして眠ることはできません。そこで最近では、光で目覚める目覚まし時計が注目されています。実際の日の出のように徐々に明るくなる機能や、念押しのアラーム音を鳴らせるタイプなどもあり、自然かつ確実な目覚めをサポートしてくれそうです。

また、自動でカーテンを開閉してくれるこんなアイテムも! 「カーテンくらい自分で…」と思いましたが、目覚めの観点から言えば理にかなったシステムですよね。

\ こちらから購入いただけます! /

3-3.おすすめの目覚まし方法:話題になった目覚ましあれこれ

どんなに優れたアラーム音や研究を重ねた目覚ましであっても、人によって好みや相性が違うため、自分に合った方法を模索することが大切です。

また、毎日の心地よい目覚めのためのアラームだけでなく、大切な試験やアポイントなどで「どうしても遅刻できない日」におすすめの目覚まし方法も話題になりました。

例えば、タイヤがついていて逃げ回る目覚まし時計、上に乗って10秒静止しないと止まらない目覚まし時計、標的を撃ち落とさないと鳴り止まない射撃型アラーム、朝からクレーンゲームが楽しめる目覚まし時計など。

\ こちらから購入いただけます! /

朝からてんやわんや、遊び心満載の目覚ましやアラームはプレゼントなどにも喜ばれそうですね。

4.アラーム音に負けないために、質の高い睡眠を

ここまで「起き方」に着目してきましたが、やはり一番大切なのが質の高い睡眠です。充分な睡眠を確保することで、身体はリフレッシュされ脳も適切に機能します。

もし、目覚めだけでなく眠りに悩みがある方は、寝具や寝室などの眠り環境、また入眠前の過ごし方を整えることからはじめてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ